【元夜職の女性が語る】”昼職に転職して良かったこと”

  • 2017年11月06日 14:21

昼職へ転職のモチベーションUP!

最後となる今回は、実際にナイトワーカーとして長らく働いていた女の子、つまり元夜職の女性が語ってくれる“昼職に転職して良かった”と思える体験談を少しご紹介したいと思います。

良かったこと1、金銭感覚が身についた

収入と支出をちゃんと考えられるようになった!

大学ぐらいの時からキャバを始めて、お小遣いを稼ぐような感じでちょくちょく働いてたんだけど、いざ大学を卒業するってことになった時にふとキャバは辞めてちゃんとした会社で働こうと思ったんだ。

それまではあまりお金のことに関しては気にしなかったんだけど、いざ実際に会社勤めを始めると、毎月安定した収入が入ってくるからお金の管理がしやすくなって、収入と支出もしっかり分けて考えられるようになったことが嬉しいかも。
多分、夜の仕事をずっと続けてたらもっとルーズな金銭感覚になってたんだろうなと思います。

 

良かったこと2、安定した仕事が嬉しい

不安定な収入が安定して気持ちがラクになった!

みんなも働いてるなら経験あると思うけど、意外と夜の仕事って収入が安定しなくないですか。
もちろん稼いでる人からすれば関係ないんだろうけど、フルコミッションの営業みたいな感覚があるから、常に“稼ぐこと”を意識してないと収入が継続しないわけですよね。

その点、向いてる人にはいいかもしれないけど、やっぱりストレスも溜まるしお肌もやられるしでちょっと大変でした。
今はそんなことを考えなくても毎月お給金が出るから、気持ちに余裕ができた気がします。

 

良かったこと3、新しい目標ができる

生活リズムが整ってやりたい事が出来るようになった!

会社勤めを始めてから、生活にメリハリがついたからか新しい目標ができました。
毎月きちんと貯金をしてて、今はヨガインストラクターの資格をとるためにスクールにも通ってます。
こういうのって夜の仕事しながらだと上手くやりづらかったから、今のきっちりした生活リズムになってよかったなと思います。

良かったこと4、夜職での経験が実は活かせる事を知った

昼職への転職は難しくないっ!

これは意外だったんだけど、昼職でも結構経験が活かせるんだなと思うことがあります。
接客経験が多いからか、対人関係で臆することもないし、結構大変なところで私頑張ってたのかも?なんて思いだすこともありますよ(笑)


でも、ずっと頑張ってた時間が全然無駄なものじゃなくて、これからも活かせるんだと思った時、なんだか道が開けたような感じがしました。
女性の転職として昼から夜への転職は難しいと思うかもしれないけど、そんなことはないから皆さんにも頑張ってほしいですね!

 

正社員経験がなくても大丈夫!夜職の女性向け転職サイト